KLI

韓.日兩國語の現代敬語の比較硏究

Metadata Downloads
Alternative Title
韓.日兩國語의 現代敬語 比較硏究
Abstract
敬語法은 韓·日 兩國語의 共通特質中의 하나로서, 世界의 다른 言語와 區別되는 가장 뚜렷한 特徵이라 할만한 것이다. 本稿에서는 兩國語가 갖는 敬語法의 特質을 分類面에서 比較對照하여 그 類似點과 相異點을 考祭해 보았다.

그 結果, 韓國語의 ?嚥珥? 敬語라는 用語를 廣義와 槪念 ·俠義의 槪念의 區別이 없이 混用하여 경우에 따라 나타내는 바가 다르게 使用하는 경향이 많으나, 日本語의 경우는 廣義의 槪念과 俠義의 槪念을 區別하여 廣義의 槪念을 나타내는 경우에는 待遇表現이라는 用語를 使用하고, 俠義의 槪念을 나타내는 경우에 敬語라는 用言를 使用하는 것이 一般的임을 알 수 있으며, 分類體系에 있어서 韓國語의 敬語는 尊待對象爲主의 體系이고, 日本語의 敬語는 尊待方法爲主의 體系이나, 分類의 內容面에 있어서는 主體敬語와 尊敬語, 客體敬語와 謙讓語, 聽者敬語와 丁寧語라는 一對一의 對應關係가 成立하여 基本體系面에서 兩國語의 敬語는 매우 類似할 뿐만 아니라 共通性들 보이는 点이 많음을 알 수 있다.

또한, 表現型式에 있어서 韓國語의 主體敬語와 客體敬語는 日本語의 尊敬語와 謙讓語에 비해 比較的 간단하나, 聽者敬語의 경우는 丁寧語보다 複雜한 樣相을 띠고 있으며, 漢語에 의한 敬意의 體語은 몇몇 例外的인 경우도 있으나, 兩國語에 同一한 語彙가 많고, 用法面에 있어서도 兩國語의 敬語는 類似點이 많으나, 韓國語에 비해 日本語가 相對的인 性格이 짙음을 알 수 있다.
敬語法は韓·日兩國語の共通の特質の中の一つとして世界の他の言語と區別される 一番 際立った 特徵であるというべきものある. 本稿では兩國語にある敬語法の特質を分類面から比較對照してその類似點と相異点を考察して見た.

その結果,韓國語では敬語という用語を廣義の槪念·俠義の槪念の區別なく混用して場合によって表わ すところか異なるように使う傾向が强いが,日本語では廣義の槪念·俠義の槪念を區別して廣義の槪念を表わす場合には待遇表現という用語を使 い,俠義の槪念を表わす場合には 敬語 という用語を使うのが 一般的であるのがわかり,分類體系において 韓國語の敬語は尊待の 對象を主とする體系であり,日本語の敬語は尊待の方法を主とする體系であるが,分類の內容面においては,主體敬語と尊敬語·客體敬語と謙讓語·聽者敬語と丁寧語という一對一 の對應關係 が成 り立 って基本體系面から兩國語の敬語は非常に類似するばかりでなく,共通性を示す点か多いの がわかる.

また,表現形式において韓國語の主體敬語と客體敬語は日本語の尊敬語と謙讓語に比して比較的簡單であるが,聽者敬語の場合は丁寧語より複雜を示ており,漢語による敬語の體系は(いくつ かの例外的なこともあるが) 兩國語に同一の語彙が多く,用法面においても兩國語の敬語は類似點が多いが,韓國語に比して日本語のほうが相對的な性格が濃いのがおかる.
敬語法は韓·日兩國語の共通の特質の中の一つとして世界の他の言語と區別される 一番 際立った 特徵であるというべきものある. 本稿では兩國語にある敬語法の特質を分類面から比較對照してその類似點と相異点を考察して見た.

その結果,韓國語では敬語という用語を廣義の槪念·俠義の槪念の區別なく混用して場合によって表わ すところか異なるように使う傾向が强いが,日本語では廣義の槪念·俠義の槪念を區別して廣義の槪念を表わす場合には待遇表現という用語を使 い,俠義の槪念を表わす場合には 敬語 という用語を使うのが 一般的であるのがわかり,分類體系において 韓國語の敬語は尊待の 對象を主とする體系であり,日本語の敬語は尊待の方法を主とする體系であるが,分類の內容面においては,主體敬語と尊敬語·客體敬語と謙讓語·聽者敬語と丁寧語という一對一 の對應關係 が成 り立 って基本體系面から兩國語の敬語は非常に類似するばかりでなく,共通性を示す点か多いの がわかる.

また,表現形式において韓國語の主體敬語と客體敬語は日本語の尊敬語と謙讓語に比して比較的簡單であるが,聽者敬語の場合は丁寧語より複雜を示ており,漢語による敬語の體系は(いくつ かの例外的なこともあるが) 兩國語に同一の語彙が多く,用法面においても兩國語の敬語は類似點が多いが,韓國語に比して日本語のほうが相對的な性格が濃いのがおかる.
Author(s)
盧顯松
Issued Date
1985
Type
Research Laboratory
URI
https://oak.ulsan.ac.kr/handle/2021.oak/4842
http://ulsan.dcollection.net/jsp/common/DcLoOrgPer.jsp?sItemId=000002025051
Publisher
연구논문집
Language
jpn
Rights
울산대학교 저작물은 저작권에 의해 보호받습니다.
Citation Volume
16
Citation Number
2
Citation Start Page
561
Citation End Page
574
Appears in Collections:
Research Laboratory > University of Ulsan Report
Authorize & License
  • Authorize공개
Files in This Item:

Items in Repository are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.