KLI

ことわざから見た韓日兩國の親子關係

Metadata Downloads
Alternative Title
俗談을 通해서 본 韓日兩國의 親子關係
Abstract
俗談은 民間에 널리 分布되어 있는 敎訓.諷刺.處世등을 포함하는 人間生活의 智慧이다. 그리고 또한 俗談은 各詩代의 實相을 잘 反映되어 있는 것이기 때문에 그 鄕土性과 時代性도 나타내는 社會의 共通的인 經驗과 知識의 集約이며 結晶이다.

이와같은 俗談이 古來로부터 韓國에서는 [샹말].[샹ㅅ소리].[곁말].[덧말].[俗諺].[俗說].[俗言].[俚諺].[野言].[野語]로 通稱되었으며, 일본에서도 時代와 場所에 따라서 多少 差異가 있지만 [譬].[世語].[名目].[諺].[俚諺][俗諺].[諺語]등 多樣하게 通用되어 있다.

이러한 俗談에 對해서,

權榮圭는 "속담이란 民衆生活의 한 集約的 表現으로서 與論의 精髓이며 社會의 反映이요, 人情의 거울이다"고 하였고,

金思 은 "俗談은 그 民族, 그 國家의 特質이 過去와 現在에 걸쳐 縮小.凝結되어 있는 것으로서, 學的對象, 特히 民族心理學的面에 있어서 好個의 대상이 된다"고 하였다.

그리고 崔根學은 "俗談은 祖上으로부터 물려받은 精神的.道德的 遺産으로서 지금 우리는 그것을 後世에 전해 주어야 할 義務와 責任을 가지는 것이다"고 하였던 것들 처럼 俗談硏究의 必要性과 重要性을 切實히 强調했다. 따라서 本稿는 現代生活에 있어서도 자주 使用되고 있는 俗談을 特히 韓國兩國의 父母와 子息에 關한 것을 中心으로 考察해봄으로써 점차로 쇠퇴되어가는 民衆들의 俗談에 對한 知識을 높이는데 多少 少寄與하는 것이 筆者의 意圖이다.
てとねは民間にひろく分布されていろ敎訓.諷刺.處世などを含む人間生活のっている智慧である. また, ことわさは, 名詩代の實相をよく反映してるむのでっつ, その鄕土性と時代性をも表す社會の共通な  や智識の集約であり, 結晶なのである.

このようなことねどが, 昔から韓國では [샹말].[샹ㅅ소리].[곁말].[덧말].[俗諺].[俗說].[俗言].[俚諺].[野言].[野語]¹と通 されたし, 日本においても, 時代と場所たよっ, 多少なり差があるが, [譬]. [世語].[名目].[諺].[俚諺][俗諺].[諺語]²等, 多樣な言藥として通用された. こうしたことわざに閑して.

權榮圭は, "ことわざと言うのは, 民?隱琰윌お괭膺謠칭轎℡놀剖頰非홋랴펜ⓙ揶膠竣窺푸˚?, 社會の反映で人情の鏡である"³と言った. そして.

金思 は "ことわざは, その民族.その國家の特質過去と現在にわにって, 縮少.凝結されていこととして, 學的對象, 特に 民族心理學的面において好個の象になる⁴" と言るる.

また 崔根學は "ことわどは祖先から?られた精神的.道德的な遺産として, われわれな, それを後世の人 に?えてやる義務と責任を特つのである" と言った.

このように, ことわどの硏究の必要性と重要性を强調しに人 は多くある.

したがって, 本稿は, 現代の生活にも, しきりに用いられていることわさを, 特に韓日兩國の親子に關した ことを中心にして考察することによって, しだいに?退している民衆らのことわへの知識をたかめるのに, 多少なりとも, 寄與するのが筆者の意圖である.
てとねは民間にひろく分布されていろ敎訓.諷刺.處世などを含む人間生活のっている智慧である. また, ことわさは, 名詩代の實相をよく反映してるむのでっつ, その鄕土性と時代性をも表す社會の共通な  や智識の集約であり, 結晶なのである.

このようなことねどが, 昔から韓國では [샹말].[샹ㅅ소리].[곁말].[덧말].[俗諺].[俗說].[俗言].[俚諺].[野言].[野語]¹と通 されたし, 日本においても, 時代と場所たよっ, 多少なり差があるが, [譬]. [世語].[名目].[諺].[俚諺][俗諺].[諺語]²等, 多樣な言藥として通用された. こうしたことわざに閑して.

權榮圭は, "ことわざと言うのは, 民?隱琰윌お괭膺謠칭轎℡놀剖頰非홋랴펜ⓙ揶膠竣窺푸˚?, 社會の反映で人情の鏡である"³と言った. そして.

金思 は "ことわざは, その民族.その國家の特質過去と現在にわにって, 縮少.凝結されていこととして, 學的對象, 特に 民族心理學的面において好個の象になる⁴" と言るる.

また 崔根學は "ことわどは祖先から?られた精神的.道德的な遺産として, われわれな, それを後世の人 に?えてやる義務と責任を特つのである" と言った.

このように, ことわどの硏究の必要性と重要性を强調しに人 は多くある.

したがって, 本稿は, 現代の生活にも, しきりに用いられていることわさを, 特に韓日兩國の親子に關した ことを中心にして考察することによって, しだいに?退している民衆らのことわへの知識をたかめるのに, 多少なりとも, 寄與するのが筆者の意圖である.
Author(s)
魯成煥
Issued Date
1983
Type
Research Laboratory
URI
https://oak.ulsan.ac.kr/handle/2021.oak/5134
http://ulsan.dcollection.net/jsp/common/DcLoOrgPer.jsp?sItemId=000002025638
Publisher
연구논문집
Language
jpn
Rights
울산대학교 저작물은 저작권에 의해 보호받습니다.
Citation Volume
14
Citation Number
1
Citation Start Page
239
Citation End Page
247
Appears in Collections:
Research Laboratory > University of Ulsan Report
Authorize & License
  • Authorize공개
Files in This Item:

Items in Repository are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.